Share Office

シェアオフィスを利用する3つのメリット

近年「シェアオフィス」の利用が進んでいます。正しくはShared Officeで共同型の事務所ですね。出張先で資料作りに一時利用するビジネスセンターや貸会議室は昔からありますが、その一歩進んだサービスです。ここでは、シェアオフィスを利用する幾つかの3つのメリットをご紹介します。1つ目は「設備」。今の時代、どんな商売でも最低限の情報機器は必要なもの。プリンタ、通信回線、FAX。パソコンはノートで済む時代にはなりましたが、見積書などは未だに郵送が必要な場面があります。商談に会議室も必要です。これらが全て揃っているのがシェアオフィスです。空き事務所を借りて、これらを一から揃えるのは大仕事。本来は顧客の開拓や広告活動に、人もお金も遣いたい時期。この手間がなくなるメリットは大きいのです。最近では広告作成用のフォトスタジオやセミナールームまで併設するシェアオフィスがあります。利用しない手はありません。
2つ目は「住所」。日本ではいまだに相手の信用を図る上で住所を重要視します。名刺の住所が郊外のアパートだったり、明らかに自宅住所だったりすると門前払いされることも少なくありません。では会社住所に「東京都港区虎ノ門○○ ○○ビル○階」とあったらどうでしょう?とりあえず、話だけは聞いてくれそうです。また郵送物をきちんと受け取れる点も見逃せません。見積書と発注書のやりとりを前述の住所でできることは、想像以上にメリットが大きいのです。
3つ目は「ランニングコスト」です。事務所を運営する上で予想外に大きいのはランニングコスト、つまり運営費です。電気代、水道代、税金といろいろとお金がかかります。一方シェアオフィスなら、これらが全てサービス利用料に含まれます。いかがでしたか?これからの時代、自分のやりたい事業を自己責任でやる時代です。それが許される、起業の時代です。その一つのツールとして「シェアオフィス」活用してみてはいかがでしょう。

LIST